カテゴリ:アクセサリー( 7 )

TAD ボード TAD-ZZ011-WN

どうも僕です。

もうすぐテレビの放送が始まりますね!

楽しみ!

というわけで(どういうわけで??)

TADのオーディオボードを紹介します!

TAD-ZZ011-WN
b0284079_1619485.jpg

ウェルフロート構造のボードです。

フィンランドバーチ積層板を使用しています。

バーチとは???

日本ではカバザクラと呼ばれているそうです。

ちょこちょこサクラに似ている所があるらしいです。

非常に堅く

家具等に多く使用されています。

水分につよく撓みにも強いのです。

高価な木材です。

メーカーの方に内部の図を見せてもらいました
b0284079_16193530.jpg

なるほど!

すみません、とても見やすいとは思うのですが

ちょっと作り変えました。
b0284079_16194471.png

さてさて音は??

アナログプレーヤーで聴いてみよう!

いやいや...

音とかじゃなくて

めちゃくちゃカッコよくなりますね。
b0284079_16195087.jpg

これはいい。

S/Nは良くなってますが

なんとなく押し出し感が増しているような気がします。
b0284079_16195540.jpg


b0284079_1620115.jpg


仕様
サイズ:480(W)×55(H)×450(D) mm
質量:7.0 kg
耐荷重:150 kgf
材質:フィンランドバーチ
[PR]
by 08uk | 2015-01-31 16:20 | アクセサリー | Comments(0)

Oyaide 新素材電源ケーブルを聴いてみた! TUNAMI,BLACK MANBA

どうもぼくです。

今日は久々にちゃんとした

オーディオのこと書きますよ!(笑)

タイトルの通りなのですが、

電源ケーブル比較試聴です。

PCOCCの生産が終わり

新素材を使った電源ケーブルが登場したわけですが

その名も、精密導体「102 SSC」

これを使った電源ケーブルが登場
b0284079_13383404.jpg
どばっと!

まずはBLACK MANBAシリーズ

話がそれますが

ブラック・マンバってご存知ですか?
b0284079_13381033.jpg
てっきり僕はこっちを想像してしまったのですが...

毒蛇です!

キングゴブラに次いで大きい毒蛇らしいです。

こちら
b0284079_13380104.jpg
あれ?

なんか可愛いですね...

笑っているように見えます。

ところがどっこい

ブラックマンバの「ブラック」の由来は

体の色ではありません。

口の中が真っ黒なんです!!!
b0284079_13381720.jpg
恐ろしい!

...それでは

まず

◼︎BLACK MANBA-α V2
b0284079_13395043.jpg
普通のどこにでもあるような電源ケーブルを使用します。

今回はプリメインアンプで実験です。

ソフトになったと思いますねー

ただ音像がぼやけている様な「ソフト」の成り方ではなく

しっかりと解像度をのこしつつの

ふんわりとした柔らかさが生まれたと思います。

お次は

◼︎BLACK MANBA -Σ V2
b0284079_13392916.jpg
おお!これはわかりやすい!

明らかに色々と違う!

全体的にバシッと音が締まります。

曇りがなくなり見通しも良くなった気がします。

今日試聴する電源ケーブルの中では、

一番取り回しがいいと思いました。

この白い感じとか

ブラックマンバに似ているような気がします。

ちょっと休憩しましょう。

またブラックマンバの話をしますが。

NBAの選手

レイカーズのコービー・ブライアントも

ブラックマンバという愛称で呼ばれています。
b0284079_13375430.jpg
素早く動いてシュートを打つ様から

つけられたのでしょうか?

西村さんが詳しいと思いますので

ちょっと聞いてみてください。

はい、始めましょう。

TUNAMIシリーズ

こちらは胴体のみ以前の物と変わっているだけで

あとは基本同じもののようです。
b0284079_13403288.jpg
ということで

今回は以前のものも用意しました。

後ほど。

◼︎TUNAMI GPX V2
b0284079_13385167.jpg
TUNAMIはBLACK MANBAに比べて

骨太な印象があります。

3本目ですがどれも

解像度は上がっていますね。

GPXは個人的に、「カチッと感」が足りない気がしました。

おそらくGPX-Rはこの辺りがしっかりしてくるはず...

◼︎TUNAMI GPX-R V2
b0284079_13390991.jpg
うん。やっぱり(笑)

では、PCOCCと102SSEで聴き比べしてみますか??
b0284079_13412298.jpg
あああ!違いますね

102SSEはとても素直な気がします。

なめらかで、印象がいい。

これだけ電源ケーブルを聴き比べると

アンプの裏側が大変なことになっていましたね(笑)

ああたのしかった...

あくまで個人的見解ですので

参考で程度に...って参考にならないかも

.......え?

あ、聴きます????

僕に言ってください!

[PR]
by 08uk | 2014-11-29 13:43 | アクセサリー | Comments(0)

Atomic Audio Labs オーディオボード Pro Reference

NVSのケーブルを扱っている

eilex アイレックスの

オーディオボード

Atomic Audio Labs Pro Reference
b0284079_14023129.jpg
NVSのケーブルも然ることながら

このボードも重たい...

そしてかなりの厚み。

アクリル素材なのですが、特殊アクリル素材。

「硬い鉄」や「柔らかい鉄」等

同じ鉄でも様々な仕様が有ります。

このアクリルも同様に振動対策の為のチューニングが施されています。

全ての振動を抑えてしまうのではなく、

ある狙った帯域のみを制御するように調整されているのです。

ココご非常にいいとろだと思います!

全てコントロールしてしまうと

「なんて面白くない音だ!」

という経験、皆様もありませんか??

音場補正をしてフラットにすると

なんだかそんな気がします。

必要な良い響きは残しているんですね!

まだまだ気になるのがこの中身!

ご覧の通り、円柱に区画分けされた場所に

なにやら黒いつぶつぶの物体が入っております。
b0284079_14070602.jpg
まさにこれも「特殊金属ペレット」で

正体不明!(笑)

しかしながら、これが高いS/N比を生み出すのです。

位置、サイズ、充填量、ペレット特性

すべて計算されており

振動を「熱」に変換しています。

あともう1点!

専用のスパイクと受けが付いています。
b0284079_14061519.jpg
これがまた面白い!

他にメタルワッシャーとナイロンが付属しているのですが、

これを付け替えても効果が変わります。

メタルワッシャー装着時は

キラキラした明るい音がしますね。

やはりこれにナイロンをつけると、

少しまろやかになってバランスが良くなります。

定位も少し変化が有る様な気もしますね。

ベタ置きはどうなんでしょう??

接地面で少し調整ができるのも面白いですね!

ちなみに僕が試聴で使ったのは

一番大きいサイズの Pro Reference19

外寸:48.26(W)×45.72(D)cm
重量:10kg

サイズは様々有ります。

そしてこんなのもあるんですよ
b0284079_14024316.jpg
Mac用に作られたボードですね。
b0284079_14023702.jpg
PCオーディオにも最適!

なんせサイズがピッタリですからね!



[PR]
by 08uk | 2014-05-16 14:08 | アクセサリー | Comments(0)

NVS オーディオケーブル Silver Copper

こんにちわ

あったかくなってきましたね

少し夜は寒い?ですかね

今日はケーブルをたらたらと...

このケーブルは、おススメですね!

NVS

そのまま「エヌ・ブイ・エス」ですね。

b0284079_17372410.jpg
まずお伝えしたいのが、

ほぼどのラインナップも

ものすごく重たい!

初めてこのNVSにケーブルを持った時ビックリじました

「なんじゃこりゃー!!!!」

持っただけで、

これは効果があるぞーと思ってしまいます。

その「重さ」の正体とは!?

「特殊合金パウダー」

です。
b0284079_17395058.jpg
中身の詳細な物質は一切公開されておりません。

能書きはさておき

肝心の音は

「ぐっと重心が下がる」

「音が生き生きとしてくる」

そんな印象ですね。

本当に腰を据えた音になります。

そして、今までたんたんと鳴っていた音楽に

生き血が通い

言葉ではなかなか説明しづらいですが

「音楽性」がよりはっきりとしてきます。

こんなケーブルはなかなかないと思います。
b0284079_17402361.jpg
それぞれ高価な順に

Silverシリーズ

Copperシリーズ

FDシリーズ

とあります。

SilverとCopperの音の違いもあります!

詳しくは、ウェ....


店頭で聴いてみて下さい!

あとその際は

是非手に取って

ケーブルの重量感を体感してください!



[PR]
by 08uk | 2014-05-15 17:40 | アクセサリー | Comments(0)

Entreq 仮想アース装置 Silver Tellus 試聴

な....なんだこれは.....
b0284079_18231504.jpg
玉手箱...

パンドラの箱...

ブラックボックス...

なんと形容していいのかわかりませんが...

「仮想アース装置」

勉強が足りない僕には

何それ?おいしいの??って感じです(笑)

まず、「アース」のことについて少し調べてみました。

「アース」とは、「大地」「地球」を意味します。

電気的なことは、書くのはやめます。

なぜなら上手く説明出来ないからです。(笑)

電位を同じに...とか 難しいです!!!

だた、アースは大きく分けて2つあります。

「大地アース」と「ローカルアース」

大地アースは、家電品などについていて

感電防止、漏電防止の保安用アースです。

冷蔵庫とかエアコンとか洗濯機についてますね。

一方、ローカルアースは

アナログプレーヤー(トーンアーム)から出ているアース線です。

誘電ノイズを防止する為のものです。

ふむ。

一般の住宅のコンセントの「大地アース」は

その基をたどっていくと

水道管や鉄筋に接続されているようなのです。

これに、オーディオ機器が繋がると...

良い訳ないですね。

説明されなくてもわかる気がします。

マンションとかなら尚更!

幾つ物の部屋に、冷蔵庫とかエアコンがあり

それと同じアースを使っているのですから!

たっぷりのノイズがアースを逆流して....!!!!!

想像したくありません....

オーディオ機器の下に、ボードを敷いたりしますね。

機器の筐体は金属で、更にボードも金属だと

これらがコンデンサーの様な働きをしていまいます。

アンプは動いています。

様々な原因で、電位が変化し

これがノイズになってしまいます。


はい、ついにやってまいりました

この木の箱!

Entreq Silver Tellus, Tellus
b0284079_18224226.jpg
中身は一切見えません。

「不思議」という言葉が良く似合うと思います。

アンプ等をこの装置の端子に繋げば、

上に書いた問題が全て解決します!
b0284079_18251439.jpg
実験では、USB,RCA,XLRを接続してみました!
b0284079_18242712.jpg
こっ...これは違う!!

クラシックをお聴きになる方は是非!

確実に静かになります!

ダイナミックレンジが広くなったように感じました。

奥行き感もでてきます。

なんなんだこれは....

中身が見えない分、不思議感とやられた感でいっぱいです。

中には、金属層と金・銅・亜鉛等の金属パウダーを配合した

ミネラルミックスを内蔵...とかいてありますが

うーん.......

北欧って感じですね。(笑)

Silver Tellus はこれに30%以上銀を配合している様です。
b0284079_18244987.jpg
他にも

アースループのこととか書きたいのですが

超長くなりそうなのでまた今度。

これはLINNのEXAKT SYSTEMに接続したものです。
b0284079_18255295.jpg
またアースします。

それでは


[PR]
by 08uk | 2014-04-28 18:27 | アクセサリー | Comments(0)

壁コンセント Oyaide R-0


こんにちは!

久々のブログの更新でございます...

申し訳ない...

インフルエンザになったり

インフルになったり...

などなど大変でした。

すみません。

皆様もお気をつけ下さい。



だがしかし!

ネタは結構できたのでいっぱい書きますよ!!

今日は壁コンセント!

前々から非常に気になっておりました!

どうなるんだ!?

皆口々に「変わる」と言っていますが....

本当のところはどうなんだ!

よし、自分の部屋につけてみよう!

できれば良いやつを!

そして選んだのが

Oyaide R-0 と WPC-Z

まずはR-0から
b0284079_19301553.jpg
なんといっても売りは

ベリリウム銅無メッキ!

正直言ってなんだかよくわかりませんが、凄そう!

特に「無メッキ」というところ!

普段の電気が、メッキを通っていたということなのか...!?

そしてWPC-Z コンセントベースですね
b0284079_19302862.jpg
箱から出してみてびっっくりしました...

コンセントベースなのに、もの凄い重量と大きさ!

なんというか、大迫力です。

これは制震効果が期待出来そうです!

さて、ブレーカーを落として...

夜だったので真っ暗でした(笑)

懐中電灯をたよりに作業します。

もちろん、つける前にたくさん音楽を聴きました!

よし!できた!

タップのをさして.........ん?

なかなか入らない!というか入りづらい!

そうなのです!

接点をしっかり密着させるため、キツくできているのです!

僕の使っている電源タップは、少し重いですが

少しも傾いていません。

んんん!これはいいかも!

期待を膨らませて、さっき聴いた音楽を再生!

すごいです。すごかったです。

少しショックでした。

一言で言うと、音が「姿勢を正します」

今迄は椅子にだらしなく座って、出す物を出す

と言う様な印象が

姿勢をピシッと正し、上品な振る舞いをする音に変わっています。

かといって芯の部分や、パワー、厚み等が無くなった訳ではなく

数段に進化したと言えると思います。

個人的な感想を1つ言うと

オーディオらしい音になります。

なんでもっとはやくやらなかったのか....

とさえ思いました。

本当に凄く変わります。

家中のコンセントを変えたいと思いました。

デレビもその電源からとっているのですが、

音の変わりっぷりに影響されているのか

映りが変わったように感じました。

そして感動と興奮で、ひとりでテンションが上がっていた僕は

ふと時計を見ると、午前3時でした...

※コンセントの取り外し・取り付けは、必ず電気工事士の有資格者が行ってください

b0284079_19410727.png

[PR]
by 08uk | 2014-04-07 19:42 | アクセサリー | Comments(0)

LANケーブル音比較!HS-LINK

今ネットワークオーディオとか
AccuphaseのHS-LINKとか
オーディオでもLANケーブルが使われています

コレで音が変わるのかな?と思ってネットで探してみても
あまりレビュー的なものが無かったので

僕がやります!

僕の感想はあくまで主観ですのでご了承ください。
参考になれば参考にしてください...という感じです(笑)
ただ、真剣にやりますよ!

Accuphase DP-900とDC-901を使って検証したいと思います。
b0284079_16582344.jpg

そしてLANケーブルは4種類用意しました!
b0284079_16585687.jpg

■エントリーナンバー1
どこにでもあるフツーのLANケーブル
b0284079_16592753.jpg

どんな音なのか楽しみです

■エントリーナンバー2
Acoustic Revive
b0284079_16595895.jpg

こういうのは強そうですね!

■エントリーナンバー3
Accuphase
b0284079_1701398.jpg

純正はどんな個性を持っているのか??

■エントリーナンバー4
AIM
b0284079_1703256.jpg

ダークホース的な感じでしょうか?

この順番で聴いていきたいと思います。
フツーLANケーブル(以下フツーケーブル)は一番最初で、
それ以外はランダムです。
順番に意味はありません。

まずはじめは楽器1本での演奏
Jake Shimabukuro LIVE
ウクレレといえばこの人!?
僕は結構コレをリファレンスにつかっています。
b0284079_1793480.jpg

●フツーケーブルは第一音から
「う〜ん」といった感じでした。
全体的に曇っている印象を受けます。
濁っているといってもいいかもしれません。
SN比があまりよくない!
そして中音域のあたりに「ふくらみ」があって
非常に気になります。
モコモコした音です。

●アコリバ
うん、これこれ!
フツーケーブルと比べると音楽全体が
地に足をついて落ち着いたという感じ。
素直な音ですね。
さっきの「ふくらみ」も消えました。
音が少し奥に行って奥行き感も出たと思います。

●純正
おぅっ....!!やっぱりコレか!
さすが純正...全然違う!
音の抜けが良くなって、S/N比も抜群。
細かい音まで聴こえます。

●AIM
これも凄い...!!
純正と比べると、響きや空間表現に長けていると思います。
音の余韻なんか最高!

よし、次はコレ
ボーカルとバンドサウンドを!
Nina Vidal Moving Along
b0284079_1710515.jpg

●フツーケーブル
あれ?これはそんなにわるくない...
SN比は良くないと思うのですが、
違う表現をすれば音に厚みがあります
これが嫌いじゃない人いるかもしれません

●アコリバ
やっぱり素直ですね
少し低域が足りないかな?と思いました
素直で無色透明な分、音に色がないかな?と感じました

●純正
おふっ...!やはりさすがだ!
ギュッと音楽全体が締まって、上品になります。
ウッドベースの弦が擦れる音もグロッシーで、色気があります。

●AIM
楽器一つ一つの響きが生っぽくていい!
Accuphaseの方は音粒が揃っていて、
細かい音を隅々まで表現しようというのに対して
コレは細かい音をリアルに表現しようという印象でした。
リヴァーブやエコーの様な空間残響音系はリアルです。

結果

音変わります!

正直、食わず嫌いの様な感じで
LANケーブルで音が変わるわけない...なんて思っていました

開発者の皆様
もっと色々なオーディオ用LANケーブル作ってください!
コレはもっともっと可能性があると思います!

...と思うのは僕だけですか???
[PR]
by 08uk | 2013-07-07 17:15 | アクセサリー | Comments(2)


オーディオのことを書きます。誤字脱字はお許しください。なにか「変」なことをできればと思って書いております。よろしくお願いいたします。


by 08uk

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
スピーカー
アンプ
プレーヤー
コンバーター
ヘッドフォン
アクセサリー
ソフト
PC
変ドリクス
その他
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 02月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

最新のコメント

みね様、コメント有難う御..
by 08uk at 18:42
はじめまして、みねと言い..
by みね at 00:47
コメント有り難う御座いま..
by 08uk at 20:00
Accuphase DP..
by M.N at 12:54
あまりに似顔絵が似すぎて..
by ROCK at 14:32
Straightforw..
by Evelyn at 01:07
恐縮です!ありがとう御座..
by 08uk at 12:22
髪を切った似顔絵も素敵で..
by CR at 00:41

メモ帳

最新のトラックバック

ブログパーツ

最新の記事

もう12月!
at 2017-12-15 19:18
スマートスピーカー
at 2017-11-25 16:11
●●な人
at 2017-11-12 12:52
映画 グッバイエレジー
at 2017-03-14 19:57
明けましておめでとうございます!
at 2017-01-31 18:16

ファン

ブログジャンル

音楽
ブログ

画像一覧